医薬部外品化粧品と化粧品の違いのお話

サロンRのエステ化粧品は、国内産医薬部外品化粧品を使用しております。
本日は、「医薬部外品化粧品」と「化粧品」の違いをお話させて頂きます。

一般的なスキンケア用品は法律上「医薬部外品」と「化粧品」に分かれています。

「医薬部外品」には、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されており
その成分の名前や効能・効果を表示することができます。

「化粧品」とは、医薬部外品と比較してもさらに効能・効果が緩和で、清潔にする・美化する・魅力を増やす・健やかに保つなどの目的で使用される製品です。
「医薬部外品」に認められている「肌荒れ・肌荒れ症」「ニキビを防ぐ」「皮膚の殺菌」などの効能・効果は認可されていません。

「医薬部外品」は主に予防を目的とし
「化粧品」は美化する・魅力を増すなどの目的で使用される製品です。

【効果・効能は医薬部外品の方が強いです!】